×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫 しつけ 猫のハウスのしつけの仕方を紹介しています

猫 しつけ

ハウスのしつけハウスのしつけハウスのしつけ

  • 室内でも猫のくつろぎ空間を与える


  •  「ハウス」とは、猫をキュリーバッグやゲージに入ることをならすためのしつけです。普段から「ハウス」に入る習慣がしっかり身についていれば、一緒に旅行に行くときや、万が一災害が起こって避難するときに、猫も抵抗なくはいることができます。
     それが、ごくまれに苦手な動物病院に行くときだけキャリーバッグに入る、ということでは、キャリーバッグ=不快・不安になってしまい、抵抗したり逃げ回ったりして、いざというときになかなか入ってくれません。
     また、猫がいたずらしたときや、来客があったときに「ハウス」に閉じこめてしまう人がいますが、ハウスはお仕置き部屋ではありません。


  • 「ハウス」のトレーニング


  •  ゲージやキャリーバッグにならすには、底が楽しくて安心できる空間であるということを猫に教える必要があります。ゲージの中に大好きなおもちゃやマタタビを少量入れておいたりして、ハウスの中は楽しいところだと印象づけます。
     また、好奇心旺盛な猫は元々箱や袋の中にはいるのが大好きです。必要なときだけキャリーバッグなどを押し入れの奥から引っ張り出すのではなく、普段からさりげなく、部屋の片隅においておけば自ら中に入って探検したり、くつろいだりするようになります。猫がハウスに入っているときは、注目して騒いだり脅かしたりせずに、そっと見守りましょう。
F