×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫 しつけ 猫の排泄、体調、行動の面から飼い主が体調をチェックしてあげましょう

猫 しつけ

こんなときは動物病院へ-ボディチェックこんなときは動物病院へ-排泄物・体調・行動こんなときは動物病院へ-ボディチェック

  • 便のチェック


  • ・下痢が1日以上続く。
    ・便に粘液や血液が混ざる。
    ・色やにおいがいつもと違う。
    ・赤く充血している。
    ・排便回数が多くなった。
    ・白目が黄色っぽい。
    ・排便姿勢をとているのに出ない


    食事内容など特に変ったことがないのに、下痢をしたときは、3時間くらい水分と食べ物を控えて様子を見ます。血液の色をした下痢便が頻繁に出る場合は、大腸炎や感染症の疑いもあるので、すぐに動物病院で診察を受けて下さい。便秘の場合は、3日様子を見て便が出なければ動物病院へ。


  • 食欲のチェック


  • ・食欲がない。
    ・食欲があるのに、痩せてきた。


    食欲は一番わかりやすい健康のバロメーター。全く食べない状態が、子猫で半日、成猫で一日以上続いて、元気もない場合は動物病院へ。また、食欲があってよく食べるのに、痩せていく場合も糖尿病を始め、慢性的な病気の疑いがあるので、獣医師に相談して下さい。

  • 呼吸のチェック


  • ・咳や苦しげな息をする。
    ・くしゃみが続く。
    ・呼吸時にゼエゼエ、ヒューヒューなど変な音がする。
    ・呼吸が浅く、舌が紫。
    ・大きないびきをかく。
    ・腹ばいになったまま、じっと動かない。


    いつもと違う苦しそうな呼吸、早くて浅い呼吸、頻繁な咳やくしゃみをしていたり、はらばいになったままじっと動かず、苦しそうに息をしていたら、呼吸器や肺など病気の恐れがあるので動物病院へ。


  • 体温のチェック


  • ・熱が高い。
    ・熱が低い。



    熱が40℃以上ある場合は動物病院へ。36~37度台と低くて元気がない場合は、体が衰弱している危険があるので、毛布やタオルに来るんですぐに動物病院へ。


  • 行動・その他のチェック


  • ・異常な興奮。
    ・落ち着きがない。
    ・よろけたり、震えたりする。
    ・発作やけいれんがある。
    ・動作が鈍い。
    ・運動をしたがらない。

    環境や生活が特に変っていないのに、いつもと異なる仕草をしたり、様子がいつもと違ったりする場合も、以上や病気の疑いがあるので、動物病院で相談してみましょう。

F