×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫 しつけ 猫に薬を飲ます方法を紹介しています

猫 しつけ

薬の飲ませ方薬の飲ませ方薬の飲ませ方

  • 投薬のコツを覚えて素早く飲ませる


  •   人と違って、猫が自分の意志で積極的に薬を飲むわけではないので、人が確実に猫の口の中に薬を入れて飲ませる必要があります。けれども、多くの猫は薬をのぬ事を嫌がります。無理に押さえつけて強引口に押し込めば、吐き出したり、興奮してよだれを流したりかみついたりで、具合が悪いときにはかえってぐったりさせてしまうことにもないりかねません。
     猫に薬を飲ませるには、薬を与える人のテクニックが重要です。猫が安心するように、優しく声をかけながら、猫の不快感を長引かせないように、毅然とした態度で素早く飲ませることがポイント。


    ・涙や目ヤニが多い。
    錠剤やカプセルのあげかた  片手で猫の頭を後ろから包むようにつかみ、親指と人差し指を犬歯の後ろに差し込むようにして押さえてそっと口を開けて、鼻が上を向くように猫の頭をゆっくりと後ろに傾けます。もう片方の親指と人差し指で薬をつまみながら、残りの3本の指で口を押し開け、薬をしたので着るだけ奥の方において素早く口を閉じます。このとき、飲み込みやすくなるように、のどを優しくさすります。錠剤屋やカプセルが大きい場合は、バターなどを塗っておくと滑りがよくなります。また、スライスチーズ、パン、ウェットフードなどの食べ物に包んで与える方法もありますが、薬だけうまく吐き出してしまうこともあるので、確実に飲み込んだことを確認して下さい。


    水薬

    水薬のあげ方  猫の頭を上から優しく包み、口を閉じたまま、頭をやや後ろに傾けます。口の脇のたるみを少しめくり、犬歯の後ろの隙間からスポイトなどを使って口の中に流し込みます。口はあまりきつく押さえつけずに、飲み込むためにしたが少し動かせる程度に軽く押さえます。


    粉末薬

    ヨーグルトに溶かして舐めさせたり、バターなどに練り込んで口の中に塗り込んだりします。また、水に溶かして水薬と同じように飲ませることもできます。


  • 目薬を差す


  • 目薬をさす  点眼薬の場合は、猫の頭を上に向け、片方の手で猫の頭を押さえながら指先で目を開かせて、目に点眼薬を水平に近づけて指します。猫が嫌がって動いたときに、点眼薬の容器の先端で眼球を傷つけることのない容器をつけましょう。
     軟膏の場合は、舌まぶたを軽く引っ張って、内側に線を引くよう絞り出してつけます。上下のまぶたを閉じて眼球に軟膏が行き渡るように軽くまぶたを押さえてマッサージします。
F