×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫 しつけ シンガプーラの性格や特性を紹介しています

猫 しつけ

猫の種類シンガプーラ~猫界最小の愛らしい妖精~猫の種類

シンガプーラ
原産国
 シンガポール
シンガポール
ボディタイプ セミコビー
毛色 セーブル(セピア)のティックド・タビー(1本の毛が何色にも分かれ、先端が最も濃い)。前脚の内側に濃い線がある。
目色 グリーン、イエロー、カッパーなど

シンガプーラ
好奇心の強さ
性格が穏やか
手入れのしやすさ
運動量
鳴き声の大きさ

歴史

シンガプーラはその歴史は新しく、1970年代前半にアメリカ人のメドゥ夫妻がシンガポールの下水溝で発見した小さな猫から始まった。夫妻はアメリカへ個の被毛の美しい猫を持ち帰り繁殖をおこなったが、この被毛がアビシニアンとよく似ていたため自然発生ではなく人為的に作られたものではと疑われてきた。しかし、数年後には純血種として認められ、現在では人気猫種となっている。

性格

性格は甘えん坊で人懐っこく、遊んでもらうのが大好き!小さな体ですが運動能力も高いので運動を兼ねていっぱい遊んであげラルとよいでしょう。好奇心は旺盛ですが、少々臆病で神経質な面も見られるので騒々しい環境はちょっと苦手です。

魅力

シンガプーラはとっても小さな体ですが、四肢はしっかりとし筋肉質でとっても健康的です。アイラインが入って目がパッチリ、短毛だけどシルクのような手触りの毛並みが特徴。目の色が生後9週間くらいまでいろいろと変化します。

お手入れ

一日一回の軽い裏っシングでよいでしょう。


F